時計の技術がすごい

時計の技術が支えるもの

工業技術力の粋を結集した時計

我々現代人は、工業製品のなかでも、時計を最も重要な生活のツールとして日々活用しています。国内には、セイコーやシチズンなどのブランドを持つメーカーがあるのは誰もが知るところですが、海外においても、ロレックスやタグホイヤー・オメガなど、著名なものが無数に存在します。それらは、各国の工業時術力の粋を結集したものであるだけに価格も高額であり、手軽に買えるものではありません。しかし、そのブランド力は世界中の多くの人をとりこにし、それを持つことがある種のステータスシンボルとなり得るのです。豊富なデザインと卓越したファッショナブルなもの、誰もが一度は手にしたいと考えても不思議ではありません。

時計の技術と工業技術の関連性

工業技術は様々な分野に応用されています。その一つが時計の技術です。その仕組みにはゼンマイを用いたものや電池式のもの、また水晶の発振を利用したものや機械式のものなど様々なものが有ります。さらに近年では電波を受信して自動的に時刻を合わせるというものも増えており、その性能は進化を続けています。これらの基礎となるのは正確に時間を表示するための歯車の技術や、安定した動作を行うための軸の耐久性に於ける金属加工の技術、さらには時刻の同期を行うための電波の受信技術等が組み合わされ、一つの動きとなって実現されていることによるものです。工業技術は時計の機能を実現するために無くてはならない沢山の技術を提供しています。

↑PAGE TOP