工業と時計とその歴史

時計工業の変遷と現在について

工業と時計とその歴史を知ろう

工業用には様々な歴史があり、工業の発達に伴って時計も進化しています。様々な物には歴史があり、それを知ることでその物に対する興味がよりわいてきます。興味を持つことで、意欲的に様々な物について知ることもできます。精密時計を使用するメリットは、とても大きいものがあります。精密機械の仕組みを知ることは、とても有意義なことでもあります。様々な物の仕組みを知ることで、様々な技術の発展をより感じることができます。科学技術の発達によって、様々なことが可能になっています。電波を活用することで、正確な時間を瞬時に知ることもできます。

時計工業の変遷と現在

起源は有史以前の日時計に始まり、11世紀以降の機械時計を経て現在に至っています。その間、実用とファッションの間を揺れていました。工業として発展したのは、ひげゼンマイの発明された17世紀です。この発明の後、迫害を逃れてフランスからスイスへ移住した職人たちにより繁栄がもたらされました。20世紀にいたっては、クォーツからデジタルへと急激に発展しました。現在、ファッション的なものと実用的なものと2分化しています。一方では、宝石をちりばめた嗜好的な高級品となり、もう一方では、携帯電話やパソコン、自動車、テレビや、ビデオなどと融合した実用的な道具となっています。他の産業と結びついた工業として、更なる発展の時代を迎えています。

↑PAGE TOP